紙は天下の回り物! コストよりも安心を!

機密文書リサイクルの流れ / recycling flow

共和紙料㈱セキュリティセンター

機密文書破砕処理専門のセンターです。
セキュリティ設備を完備し、機密保持のため密閉構造となっています。
関係者以外は完全に立入禁止となっています。

 

01.機密文書の受け入れ

事前予約により、機密文書をお持込みいただく日を決定いたします。
また、持ち込みいただけない場合は弊社の方でセキュリティ万全な箱車(環境にやさしい天然ガス自動車)で引取に伺います。(引取費用は別途生じます)

02.大型破砕機

お持込み頂いた機密文書は開封することなく段ボール箱ごと大型破砕機へ投入しますので機密が完全に保持されます。
また、機密文書の破砕処理は構内最奥で行われます。
事務用品範囲内でのクリアファイル、クリップ等であれば、そのまま破砕可能です。

03.破砕の確認

必要に応じてモニタールームにて破砕状況を確認していただくことが可能です。
破砕処理能力は4t/hで、機密文書は復元不可能な状態に破砕されます。

04.破砕・梱包後、製紙工場へ

破砕された機密文書は、自動的にコンベアからベーラー(古紙圧縮梱包機)に投入され、約1tの梱包状態になります。
その後、機密を保持するためシュリンク(ラップ)包装を行い、製紙会社へ搬送し、製紙原料としてリサイクルされます。

05.リサイクル製品

製品化された一例です。主に家庭紙や板紙として再利用されます。


リサイクル証明について

機密文書を破砕処理し梱包状態に加工した後、再資源化証明書を発行いたします。



⇒⇒機密文書の処理工程を動画で確認





☆マイナンバー取り扱いの流れ

マイナンバー取り扱いの流れ

機密処理・廃棄書類はお任せください。 完全セキュリティのもとリサイクル致します。
お見積りやご不明な点は下記までお気軽にご連絡ください。

共和紙料(株)セキュリティセンター(高槻第2営業所)

TEL:072‐678-3331  e-mail:info@kyowashiryo.co.jp
共和紙料(株)セキュリティセンター外観写真機密文書受け入れ(箱車)のイメージ機密文書がコンベアにて大型破砕機へ向かう様子機密文書が大型破砕機にて破砕される様子機密文書が破砕された後、梱包されたリサイクル製品の一例